【クラロワ】グロ大会現時点でのトップ5デッキを紹介します、34-0の1位は格が違う。

はいどうもkotaです。



今回は「【クラロワ】グロ大会の上位5デッキ」について書いていきます。



前回のグロ大会から考えても100位ボーダーは31~32勝あたりになりそうですね。



前回は代行などの発覚によるアカBANがあったので182位までがスタンプを獲得しました。
(182位は30勝でした。)



こちらが現在の上位5人。


そう考えても現在の5位が32勝にため、上位5人はほぼ確実に100位以内でフィニッシュできるでしょう。



それでは早速5位から紹介していきます。


5位:メガナイトWB


プレイヤーはLaPoKaTi。



メガナイトWBは大流行のデッキですが、コウモリ型やギャング型などもあります。



ガーゴイルのメリットはザップで死なない、コウモリにタイマンで勝てることです。



つまりコウモリ型メガナイトWBとの試合は相当有利になります。



大流行のデッキに勝てることは上位を目指すうえで非常に大事なことです。



まだ2敗残しているのでもっと上位に行く可能性は高いでしょう。



ゴレには弱いと思いますが、現在ゴレを使う人は少数派なので大丈夫。





4位:メガナイトWB & メガナイトラム


プレイヤーはAxel。



20勝と少しまでは全てメガナイトWBでしていたが、途中からメガナイトラムで4試合ほど。



ペッカ攻城とペッカラムも1.2試合使っていたけどスナイプ対策とかですかね。



やっぱりメガナイトWBは安定の強さがあります。



コウモリ型はコストが軽い分使いやすいです。



逆に言えば大流行のデッキには対策デッキが出てくるので上位を目指すにはそれに勝つPSが必要になりそうですね。



グロ大会は1敗が非常に重いので慎重に立ち回りましょう。





3位:ナイトIT枯渇


プレイヤー名はRemi。



枯渇は昔からのデッキですが使い慣れていないと痛い目見ます。



3位にいるからと言ってマネして使わないようにしましょう。



試合の履歴を見ているとLine選手の2.9クロスにも勝っており相当使い慣れていそうでした。



枯渇ガチ勢からするとクロスは勝てなくないらしいですが、一般人からしたら相性悪いようにしか思えませんね。



この人は12-2から27-3まで上げています、諦めずに頑張ろう。





2位:ボウラースケラ


プレイヤーはBLORY。



この方は数少ないボウラースケラ使いとして有名です。



ちょっと楽しそうなデッキですね。



基本的には防衛から入ってカウンターで攻めるデッキでしょう。



なので序盤から焦って攻める必要はなさそうですね。



のんびり安全に攻めていきたい人は使ってみていいかも、ガツガツ攻めたい人は使うな。





1位:ホグファルチェ


プレイヤーはVIIPER。



ホグファルチェ世界一と有名なプレイヤーです。



34-0は正直人間業じゃない。



ホグファルチェに夢を感じちゃうけどバカみたいに難しい。



特にロケット削りのタイミング



素人が雰囲気でやってみると守れずに死にます、僕の経験談。



グロ大会トップ50はリアルタイムで試合観戦が可能なのでタイミングがあったら絶対見るべきです。



確実に参考になるし、なにより面白いです。

https://twitter.com/orange____boy/status/1227713101421776899?s=20




まとめ

一つのデッキを極めている人はやはり強い。



けどviiperのホグファルチェほど仕上がっている人はどれだけいるんだろうか、、、



基本的には環境に合っている自分の使いやすいデッキが良さげですね。



vipperのホグファルチェ以外もトップ50プレイヤーのプレイは参考になるものばかりなのでたくさん勉強しちゃいましょう。



それでは今回はこの辺で!



読んでいただきありがとうございました、ばいばい。

6 Replies to “【クラロワ】グロ大会現時点でのトップ5デッキを紹介します、34-0の1位は格が違う。”

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です